7月21日の蕎麦畑

さあ、いよいよ収穫です(^_^)/


去年の夏蕎麦も豊作でしたが
今年も去年並みの収穫が見込めそうです。


これが収穫期の主役
コンバイン。
脱穀しながら刈り入れしていきます。


ちょっとソバに寄ってみましょう(笑)
しっかりと実を付けているのがわかります。
蜂さん達もいい仕事しました。
受粉ご苦労さまです(・∀・)


下の写真と比べて下さい。



この写真、刈り入れ前の畑なんですが、この赤で囲った部分の蕎麦が倒れているのがわかるでしょうか?
(・_・;)うまく撮れていないので分かりづらいですよね…。

風や雨の影響で蕎麦が倒された訳ではありません。
これはイノシシの仕業です。
この時期食べ物が少ないのでしょうか、イノシシ達は蕎麦を倒して実を食べて行きます(>_<)
まあ、仕方ないんですが
困り者です(*_*)



気を取り直して収穫した蕎麦の実を篩にかけゴミや石を取り除きます。


これが玄蕎麦です。
おいしく育ってますよ(・∀・)


そして写真のような大型乾燥機でゆっくりと蕎麦を乾かします。
以前は天日干しをしておりましたが、乾燥機の性能が上がり、安定してむらのない仕上がりになるので今はこの方法で乾燥させています。

仕上がった玄蕎麦を更に磨き細かい汚れを落とし
品質検査をして、いよいよ出荷となります。


(^_^)ノ 以上、夏蕎麦の出来る様子をお届けさせて頂きました。

お店では数秒で茹でて出てくる蕎麦ですが、皆様の前にお出し出来るまでにこのような工程を経てやっと日の目を見る事が出来るのです。

打ち手の私は
猛暑と闘いながら蕎麦を作る農家の方々に失礼のないように蕎麦を打っていくつもりです。

手繰り手の皆様も
蕎麦を口にしたときに
このような風景が見えてきたら
もっともっと蕎麦が旨くなると確信しております。

この蕎麦の実が蕎麦切りとなるのは8月です。

入荷次第またご案内させて頂きますね。

(^_^)ノお楽しみに!!




スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://kuromugi28.blog137.fc2.com/tb.php/511-5c57ecb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


SEO対策:そば SEO対策:蕎麦 SEO対策:所沢 SEO対策: SEO対策:手打蕎麦